FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『キサラギ』を知らなかった自分が恥ずかしい…



■タイトル: キサラギ
■2007年/日本
■監督:佐藤祐市
■出演:小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之
■評価:9.4

D級グラドル「如月ミキ」が自殺した。その1年後…彼女のファンサイトで知り合った5人の男たちが、「如月ミキ」の1周忌を企画する。発案者の「家元」の部屋で、死の真相についての推理合戦が始まる…

本作は、『それでもボクはやってない』を制して2007年度のブルーリボン賞作品賞を受賞。2008年の日本アカデミー賞では優秀作品賞・優秀監督賞・優秀脚本賞・優秀助演男優賞(香川照之)も受賞しています。


実はわたくしは、本作の存在を全く認知しておらず、知り合いが今度『キサラギ』の舞台をやると聞いて、昨日初めて観てみたという次第。

三谷幸喜作品以外に、日本にこれほどの名作が存在したのか!?と驚愕致しました。
脚本、監督、俳優陣の全てがスバラシイィ!!

密室の会話劇、コロコロと変わる容疑者、それに対応して、俳優は役の心の変化を観客に伝えなければなりません。俳優の技量が試される難しい作品と言えるでしょう。無論、小栗旬をはじめとする5人の出演者は、その課題を見事にクリア―して、笑えて、泣けて、感動するエンターティメントへと昇華させています。


現代日本の姿を描きながらも、サスペンスと笑いと感動を融合させた名作『キサラギ』を知らずに、エンターテイメントを語るなかれ。


テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
FC2カウンター
blog ranking
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。