FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助けてもらう事を前提に生きる

助けてもらう事を前提生きる
なんていうと、随分聞こえが悪いようですが、要はこういうことです。

◇◆◇◆

今の世の中、一人では"大きな目標"を実現することは決してできません。だから、何かを実現したいと思ったら、必ず誰かに助けてもらう必要が出てきます。しかし、それまで自分が誰も助けていなければ、イザッ!という時に誰も助けてはくれません。つまり、いずれ"何か"を実現するためには、常に誰かを助けておく必要があるということです。

でも…実際に誰かに助けてと言われた時、人はこう思ってしまがちです…
「どうして、こちらが犠牲になってまで助けてやる必要があるのか?」
「こちらは助けてもらってないのに、助けてやる必要があるのか?」
「自分のことは自分でやるべきではないか?」
等々…

しかしそれでは、「イザ何かを実現したい」と思った時に、誰も助けてくれないという事態に陥っていまします。だから、人に何かを頼まれた時は、「俺は困っても助けを求めないから」と思うのではなく、「俺は"何か"を実現するために、色んな人に助けてもらいまくるんだ!」と思うべきでしょう。そうすれば、自分を犠牲にしても、また、助けてもらったことがなくても、「助けられる時に助けておこう」という気になるかもしれません。

◇◆◇◆

先日放送された「カンブリア宮殿」に出演していた幻冬舎の社長さんが言っています。
大事なことはGNOだと。
つまり…義理(G)、人情(N)、恩返し(O)


今まで僕は、「義理で芝居を観に行く」のは演劇界の悪しき慣習だと考えていました。しかし、「助けてもらう」ためには…イヤ…自分のやりたいことを実現するためには、その悪しき慣習をも利用する必要があるのかもしれません。





スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
FC2カウンター
blog ranking
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。